みやま建築設計事務所についてabout_us.html
コンセプトconcept.html
作品work.html
仕事の進め方と料金Flow.html
Q&AQ%26A.html
お問い合わせcontact.html
bloghttp://miyamaarch.blogspot.com/
linklink.html

東京世田谷の閑静な住宅街に建つ旗竿状の敷地。旗竿地の住宅は4面が建物に囲まれているため採光に対する配慮が必要だ。

旗竿地であっても全体の面積が大きければそれほど採光を取り入れる計画は難しくはない。

また、竿地の部分が3mでもあれば2mの幅で玄関や水廻り等をそこに配置する事も効率的に難しくはない。

しかしこの土地の竿地は2m。周囲の住戸間の間隔やコストの事も考慮すれば旗地の部分で10坪ほどの単純整形平面で、上部天窓からの採光を如何に効率よく下層に伝えるかという事から計画を行った。


建物の構成は2階にリビングダイニングの居住空間、一階は玄関、寝室と水周り、地下はスタジオの3層の建物であるが、2階に設けたバルコニーからはハシゴを使ってルーフバルコニーに行ける実質の4層構造である。

2階のリビングダイニングは採光を求めた結果であり、一階の寝室は夏の寝苦しさを軽減させてくれる。

地下のスタジオはクライアントが楽曲を制作する仕事場でもある。来客者が居住空間を通る事無くスタジオに直接行ける動線とし、天窓を通じて落ちる光が感じられるように室内に窓を設けて精神的負担を軽減させている。


狭小住宅では物理的にどうにもならない広さを解消するために、ワンルーム的な空間で体感的な広さを感じる居場所の多様性と室内景色の変化を与える事が豊かな空間を構成するポイントと考えた。

地下から地上部1階、2階と徐々に広がる階段と吹抜け、上部にあるトップライトが光と空間の立体的構成によって創られたシークエンスの装置となっている。1階〜2階への階段は階段の機能だけではなく、そこに座って読書でも出来るような部屋の一部である事を意識させる。ルーフバルコニーへはハシゴでアクセスする。小さいながらも多様な居場所と異なる景色によって体感的な広さを意識した設計としている。

用途地域:第1種低層住居専用地域 第1種高度地区 準防火地域

建築面積:35.19㎡(10.64坪)

延床面積:99.02㎡(29.95坪)

構造規模:地上2階木造、地下1階RC造

構造設計:照井構造事務所

Photo Norimasa Nishimura

House M-Slow